車両関係工事施行技術者資格認定制度 機械検修工事技術者資格認定制度

車両関係工事施行技術者資格認定制度

鉄道事業者は、鉄道業務を円滑に遂行するため、鉄道に関する技術上の基準を定める省令第10条(係員の教育及び訓練)および同解釈基準、同解釈に基づき、従事員などに対して作業遂行に必要な教育・訓練を実施することにより、安全な輸送及び安定的な輸送を確保することが求められている。

そこで、JR各社から車両関係工事を委託する場合において、委託先の会社従事員についても、車両関係工事の委託元と同様に品質、安全等を確保する目的で、委託先の従事員に対する教育・訓練として「車両関係工事施行技術者資格認定制度」を活用し、従事員がこの資格を取得することで技術力を担保している。

本資格認定制度の実務業務について、JR各社から本協会が認定業務の委嘱を受けて実施している。

資格は次の3種類があり、JR各社からの工事委託の仕様書には、本資格を有することが明記されている。

図
  • ・指導技術員は、工事施行に伴う直接的な技術管理及び施行を行う。
  • ・総括技術者は、工事施行に伴う技術指導、事故防止等管理並びに関係個所連絡、調整を行う。
  • ・品質管理者は、工事施行に伴う品質確保のための企画、技術指導、監督及び品質向上施策の総合的な推進及び調整を行う。

※資格取得後3年ごとに更新試験を受験することになる。

※学科試験については、講習会と試験をあわせて実施している。