刊行図書

貨物技術

特大貨物・甲種の鉄道車両等輸送取扱方解説書

 特殊貨物の輸送を含む鉄道による貨物輸送は鉄道営業法、鉄道事業法等によるほか各鉄道事業者が公示している運送約款の定めにより行われている。
 一方、貨物輸送に対するJR貨物鉄道と各JR旅客鉄道の相互間の位置づけは協定により明確になっており、正しく認識しておくことが必要である。  また、運送の承認、受託は特大貨物のうち、第4限界内の貨物輸送申込みについては、駅長、区長等の現場長において承認し、荷送人に連絡、運送を受託することとなる。
 第3限界以上の特大貨物、並びに臨時貨物列車による輸送となる特大貨物、甲種の鉄道車両の輸送は、支社長に駅長、区長経由で申込み、これに対する書面等により申込みに対して行われる、JR貨物への要請により必要な輸送調査等を行い回答市処理するこことなる。
 特に「特大貨物」及び「甲種の鉄道車両」の貨物の取扱方について車扱いとして運送申込みが完了するまでの流れについて具体的な説明を加えている。


1.サイズ・頁
A4・325頁
2.発行
2008年1月
3.価格
会員7,200円 非会員8,300円(送料別)

お申込先